--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-13(Sat)

テングタケ科 テングタケ属 チャタマゴタケ



Amanita similis Boedijn

◇タマゴタケの1亜種とみなされていた
 外形はタマゴタケとほとんど同様であるが、色彩がいちじるしく異なる

◇傘は暗褐色~帯褐オリーブ色で周辺部は帯紅色、帯黄色または蜜色

◇柄は黄色の地に橙色または帯褐色のだんだら模様を有する

◇つばは帯紅橙色~帯褐色

◇胞子は7.5~10.5×5.5~7.5μm 広楕円形 非アミロイド

◇ひだの縁部の細胞は22~52×12~37μm こん棒状 楕円形、洋梨形など

◇夏~秋

◇主としてシイ・カシ林に発生するが、まれ

◇東南アジアから中国・韓国及び日本の暖帯にかけて分布する

◇日本では沖縄・熊本・京都の諸府県で採集されている



かわいい。
おぼっちゃんって感じ。


スポンサーサイト

2014-12-10(Wed)

テングタケ科 テングタケ属 タマゴタケ



Amanita hemibapha (Berk. & Broome) Sacc.

◇幼菌は白色の外皮膜におおわれ卵形である
 しかし、次第に膜の上部が破れて赤~橙赤色の傘があらわれる

◇傘は開けば径6~18cm 周辺に放射状の溝線をあらわす

◇ひだは黄色

◇柄は長さ10~20cm 黄色の地に帯赤色のだんだら模様がある
 上部に橙黄色のつば 基部に白色のつぼがある

◇胞子は7.5~10×6.5~7.5μm 広楕円形~類球形 非アミロイド

◇夏~秋 シイ・ナラ・ブナ・モミなどの樹下に生え、菌根をつくる

◇日本・韓国・中国・タイ・インド(セイロン)に分布する

◇美しく、しかも美味な食菌である



◇味:
傘は薄くやわらかく、ぬめりがあり、きわめて舌ざわりがよい。
しかし生長後の柄は、中空でもろく、歯ごたえがない。
風味には癖がなく、きのこそのものの味はよい。
根もとの白いつぼは、味がなく、口当たりも良くないので取り除いて調理する。

きのこ汁、けんちん汁、お吸い物などの汁物や、鍋物には、こっくりとしたうま味のあるだしが出る。

ただし夏場に発生するものは、特に虫がつきやすく、傘の肉の痛みも早いため、特有の腐敗臭が出ないうちに、手際よく調理しなければならない。



成長過程が見やすい写真を発見(o・ω・o)




名前がかわいい。
色もかわいい。
形もかわいい。
とっても素敵な子達(*´∀`*)



そしてそして
タマゴタケは鮮やかな色だから毒があるのかと心配になっちゃうけどおいしいきのこみたい!



フライにしたり、チーズ焼きにしてもおいしいみたい!
たべてみたいな。



あ、モミの木の根もとにも生えるって。
クリスマス近いね。
プレゼントはタマゴタケ♡(*´艸`*)なんてね

2014-12-09(Tue)

テングタケ科 テングタケ属 オオツルタケ



A. punctata (Cleland & Cheel) Reid

◇ツルタケよりやや大形 

◇柄が深く地中に入る 柄の表面には暗灰色微粉状のだんだら模様がある

◇ひだは暗灰色にふちどられる

◇夏~秋 広葉樹林内に発生する

◇日本・オーストラリア・ニュージーランドに分布する

◆毒かも?



柄の根もとには大きなつぼが。


しばらく更新できずすみません(´・ω・`)

2014-11-29(Sat)

テングタケ科 テングタケ属 カバイロツルタケ



A.fulva (Schaeff.:Fr) Fr.

◇外観はツルタケに似ているが、傘の色が茶褐色である点が異なる

◇柄やつぼも多少傘の色を帯びる

◇胞子は球形 径9.5~12.5μm 非アミロイド

◇夏~秋 種々の林内に生える 菌根をつくる

◇北半球一帯に分布する



◇味:夏の山岳地帯では小形のものが多く、全体にもろく歯ごたえがない。
   風味に癖がなく、汁物に入れるとよいだしが出る。



市販のきのこで歯ごたえがないものってあるかな?
ふとどんな食感なのかなって気になった。

2014-11-24(Mon)

テングタケ科 テングタケ属 ツルタケ



Amanita vaginata (Bull.:Fr.) Lam.

◇傘は径5~7cm 生長すれば平らに開く
 表面は灰色~灰褐色 しばしば白色の膜片をつけている 長い放射状の溝線がある

◇ひだは離生する 白色

◇柄は9~12cm×10~15mm 上方にやや細まる 白~淡灰色 つばはない
 基部に白色膜質 さや状のつぼがある

◇胞子は球形 径10~12μm 非アミロイド

◇夏~秋 マツ・ブナ・ナラ・シイなどの樹下に発生する 菌根をつくる

◇ほぼ全世界に分布する



◇味:風味に癖はなく、よいだしが出るが、生食すると中毒する。







トップの画像を見た時に白鳥のヒナみたいだなーって思った。



色もなんだけど、ころんとした雰囲気とか似てるなーって






きゃわわ

プロフィール

きのこのこ

Author:きのこのこ
自らのきのこの知識を増やすためにブログ上でまとめ作業を行っています。本「日本のきのこ」(山と渓谷社)などを参考にしています。きのこ好きです。

※このサイトを使っての食毒判定はお避けください。

※当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
☆きのこになるためには☆
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

きのこ写真集
☆ようこそおいでくださいました☆
世界の美しいきのこ
ぽえ~ん。
きのこになりたい
※当サイトはリンクフリーです。 バナーはこちらです↓

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
きのこなかま
よくわかるきのこ大図鑑
毒きのこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。