--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-19(Tue)

スギヒラタケ属 スギヒラタケ



Pleurocybella porrigens (Pers.:Fr.) Singer

◇径2~6cm 扇形~へら形 肉は薄い 縁部は内側に巻く

◇表面は白色 粘性はない

◇ひだは幅狭い 密

◇柄はない

◇胞子は5.5~6.5×4.5~5.5μm

◇秋 針葉樹、ことにスギの古い切り株に多数重なって発生する

◇北半球に分布する



◆味:2004年、本菌によると推測される中毒例が報告された。
胃機能が低下している場合、急性脳症を発症し死亡するという。
また腎機能が正常な20歳代の死亡例も報告されており、おおいに警戒を要する。



スギヒラタケ属
Pleurocybella Singer
ヒラタケ型で材上生、多くは白色、時に有色。
胞子紋は楕円形または類球形。
多くはシスチジアを欠く。
日本産は1種。



スギヒラタケは食べちゃいけないきのこで有名だよね。
ふわふわでかわいいけど、気をつけないとね

スポンサーサイト

2014-08-18(Mon)

ザラミノシメジ属 コザラミノシメジ



M.polioleuca (Fr.:Fr.) KÜhner & Maire

◇傘は径5~8cm 開けば中高の平らとなる 表面は平滑 暗褐色 乾けば帯黄灰褐色となる

◇ひだは白色 密 湾入上生

◇柄は5~7.5cm×7~9mm 表面はほとんど白色 帯褐色繊維状条線があり、時にややねじれる

◇胞子は6.5~8.5×4.5~5μm

◇フラスコ形で先のとがったシスチジアがある

◇春~秋 林内、草地、畑地に発生する

◇食べられる

◇北半球一帯に分布



時期じゃないけど鍋とかに入れたらおいしそうな見た目。

2014-08-15(Fri)

ザラミノシメジ属  ツブエノシメジ



Melanoleuca verrucipes (Fr.) Singer

◇傘は径2.5~7cm 開けばやや中高の平らとなる 表面は白色 中央部はやや帯褐色

◇ひだは白色で密 湾生 上生またはほぼ直生する

◇柄は3~9cm×5~10mm 

◇表面は白色の地に褐色~黒褐色の粒状鱗片が点在する

◇肉は白色で粉臭がある

◇胞子は6~9×3.5~4.5μm

◇縁シスチジアはフラスコ形

◇夏~秋 森林 草地などに群生

◇たびらりる

◇日本・ヨーロッパに分布する



◇味:風味に多少癖があるためごま油やベーコンを使って炒めたり、汁物や鍋物には味噌を使うといい



ザラミノシメジ属
Melanoleuca Pat.
子実体は肉質、キシメジ型。
柄の表面の多くは繊維状。
胞子の多くはいぼ状突起におおわれ、アミロイド。
ひだにシスチジアがある。



幼菌と老成したのと、形が結構違うなぁ
外で見ても分かる自信ないや


プロフィール

きのこのこ

Author:きのこのこ
自らのきのこの知識を増やすためにブログ上でまとめ作業を行っています。本「日本のきのこ」(山と渓谷社)などを参考にしています。きのこ好きです。

※このサイトを使っての食毒判定はお避けください。

※当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
☆きのこになるためには☆
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

きのこ写真集
☆ようこそおいでくださいました☆
世界の美しいきのこ
ぽえ~ん。
きのこになりたい
※当サイトはリンクフリーです。 バナーはこちらです↓

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
きのこなかま
よくわかるきのこ大図鑑
毒きのこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。