--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-23(Tue)

イグチ科 ヤマドリタケ属 ヤマドリタケモドキ



Boletus reticulatus Schaeff. s.l.

◇傘は径6~20cm 表面は暗褐色、黄褐色、帯オリーブ色、または淡褐色で多少ビロード状
 湿るとやや粘性がある

◇管孔は初め類白色のち黄色からオリーブ色となる

◇孔口は幼時白色の菌糸でふさがれる

◇柄は長さ10~18cm

◇表面は淡褐色~淡灰褐色 ほぼ全体に網目模様がある

◇肉は白色 変色性はない

◇胞子は13~15×4~5μm 類紡錘形

◇夏~秋 ブナ科を主とした広葉樹林、またはマツとの混生林内に発生する

◇たびらりる

◇日本産のものは形態的な変異が大きく、分類学的な再検討が必要である

◇ヤマドリタケ B. edulis Bull.:Fr. も日本にあるが、トウヒ属やモミ属の樹下に発生し、発生はまれである。



◇味:ヤマドリタケはフランスでは「セップ」、ドイツでは「スタインピルツ」と呼ばれ西洋では最高級のきのことされる。


スポンサーサイト

プロフィール

きのこのこ

Author:きのこのこ
自らのきのこの知識を増やすためにブログ上でまとめ作業を行っています。本「日本のきのこ」(山と渓谷社)などを参考にしています。きのこ好きです。

※このサイトを使っての食毒判定はお避けください。

※当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
☆きのこになるためには☆
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

きのこ写真集
☆ようこそおいでくださいました☆
世界の美しいきのこ
ぽえ~ん。
きのこになりたい
※当サイトはリンクフリーです。 バナーはこちらです↓

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
きのこなかま
よくわかるきのこ大図鑑
毒きのこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。