--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-04(Sun)

キシメジ科  キシメジ属  シロシメジ(ヌノビキ)


T.japonicum Kawam.
◇傘は径5~12cm 表面は湿ってるとき粘性があり、ほとんど白色で中央部はやや褐色を帯びる
◇ひだは密 白色のち汚褐色のしみを生じる
◇柄は太短い 長さ3.5~5.5cm 白色のち帯褐色 中実
◇肉は厚くち密 やや苦味がある
◇胞子は4.5~6×2.5~3.5μm
◇秋 マツ林や雑木林に群生
◇しばしば菌輪をつくる
◇食用
◇日本に分布する

◇味:香り、歯ごたえ、舌ざわりと三拍子そろった味のよいきのこ。
しかし強い苦味をもつものが多いので、ゆでこぼしてから料理するとよい。



こんなに食べるのに適しているのに売ってるのを(私は)見たことない。
これってきっと、栽培できないんだよね。
研究が進んで口に入るきのこの種類が増えていったらいいね。
スポンサーサイト

2014-05-03(Sat)

キシメジ科 キシメジ属 ミネシメジ

Tricholoma saponaceum (Fr.) P.Kumm.
◇傘は径3.5~7cm 半球形からやや中高の平らに開く
◇表面はオリーブ緑色 帯灰褐色、帯白色など色の変化に富む
◇特に中央部付近にすす色粒状の小鱗片をつける
◇全体に水っぽい感じがある
◇ひだは湾生 白~淡黄色 疎 帯赤色のしみができる
◇柄は2.5~8cm×8~15mm 表面は白~オリーブ色 平滑または灰色の鱗片をつける
◇肉は白色で傷つけば次第に帯褐ピンク色に変わる
◇におい、味とも一種の青臭みがある
◇胞子は5~6.5×2.5~4.5μm 楕円形 
◇秋 針葉樹・広葉樹混生林内に発生
◇食用にされる
◇北半球暖温帯以北
◇傘や柄の色や鱗片の有無はかなり変異がある

◇味:癖のあるにおいがあるのでごま油やオリーブ油で炒め、醤油や味噌で味をつけて野生の味を楽しむ。なお、生食すると中毒を起こすので要注意。




これも黄色なのね。
黄色といえば「スタバナナ」が流行ってるよね。
飲んでみたいけどスタバのフラペチーノ飲むとお腹が痛くなっちゃうのよね。
う~ん、つらいかも



プロフィール

きのこのこ

Author:きのこのこ
自らのきのこの知識を増やすためにブログ上でまとめ作業を行っています。本「日本のきのこ」(山と渓谷社)などを参考にしています。きのこ好きです。

※このサイトを使っての食毒判定はお避けください。

※当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ
☆きのこになるためには☆
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

きのこ写真集
☆ようこそおいでくださいました☆
世界の美しいきのこ
ぽえ~ん。
きのこになりたい
※当サイトはリンクフリーです。 バナーはこちらです↓

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
きのこなかま
よくわかるきのこ大図鑑
毒きのこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。